検索
学習キットや必要パーツの開発・拡充のリクエスト募集
会員ログイン
ID :    login
PASS :   
新規会員登録はこちら
 
パスワードを忘れた方はこちら
お問い合わせ
メール
最近チェックした商品
 
 

 

 3.1Raspberry Pi B+ 電子工作



これから、フィジカルコンピューティングを始めます。
最初は、ブレッドボードを使って動かす回路をつくる電子工作です。

 次は、Pythonの対話型モード(インタラクティブモード)を使って、Pythonの命令を1行ずつ動かて、LEDを点けたり、消したりします。
また、点いたり、消したりすることで、LEDの回路が正しく動くことも確かめます。

(1) ブレッドボード

ブレッドボードに電子部品、ジャンプワイヤー(電線)をさして回路を組み立てます。
緑色で囲まれている穴は、それぞれ繋がっています。




(2) 電子部品

使う電子部品は、
・ LED  電流を流すと光ります。
・ 抵抗器  電流を流れにくくします。
・ 電子ブザー  電流をオン/オフすると音を出します。
・ サーボモータ パルスの幅で回る角度が変わります。
・ ボリューム  回すと抵抗値が変わります。
・ IC(MCP9700) 温度を電圧に変えて出します。
・ CDS  明るさで、抵抗値が変わります。

(3) LEDを点ける

 〜販
 下の配線図、回路図をみて、回路を組立て下さい。

 

◆LEDを点けてみよう
 Raspberry Pi B+にACアダプタを繋ぎ、電源を入れます。

 LEDが点く
 右の図のように、+3.3Vから抵抗を通って電流がLEDを流れて、LEDが光ります。

ぁ‥展擦鮴擇
 「sudo shutdown -h now」コマンドを実行してから、マイクロUSBからDC5Vを外します。

(4) LEDをスイッチでLチカ

 〜販
 下の配線図、回路図をみて、回路にスィッチを追加して下さい

 


◆LEDを点けてみよう
 Raspberry Pi B+にACアダプタを繋ぎ、電源を入れます。 まだ、LEDは点きませんネ。

 LEDが点く
 スィッチを押してみましょう。電流がLEDを流れて、LEDが光ります。

ぁ‥展擦鮴擇
 「sudo shutdown -h now」コマンドを実行してから、マイクロUSBからDC5Vを外します